国民病でもある糖尿病の症状|生活を改善しよう

看護師

ガンの一種

医者

脳腫瘍は脳にできるガンであり、他のガンと比較し増殖速度は比較的遅いです。つまり定期的に人間ドックに通っていれば、ある程度早期で発見できます。また、脳腫瘍は他のガンと違い簡単に切除することはできません。手術も医師によっては難しいとされています。ガンであるため良性の場合と悪性の場合があります。脳腫瘍の場合、良性であっても増殖し、神経を圧迫することによる症状が出ることがあります。また薬も脳にあるB.B.Bというバリアにより効きが悪い特徴があります。よって悪性でなくても場合によっては手術が必要です。手術を行うためには脳みそを固定している頭蓋骨を一部削る必要があり、脳みそが自由に動き回れるため嘔吐などの症状が動くたびに起こることもあります。

ガンであるためある程度生活習慣を気を付けることで予防することができます。しかし、脳腫瘍にだけ効果的な方法というものはありません。抗酸化作用のある食品を食べたり、ストレスを溜めないことが基本です。また、脳腫瘍に特異性が高い抗がん剤はあまり積極的に開発されておらず、手術が基本です。手術をするとB.B.Bが一部欠損するため今まで脳に作用しなかった薬も何らかの作用を示すことがあります。逆にこれを利用して正常の時には効かない薬を用いることもあります。脳腫瘍は年齢に関係なく、発症するため定期的な人間ドックの受診が必要です。CTやMRIで検査できるため比較的短時間で検査が終わります。また、脳腫瘍の手術後は性格が変わることも多々あるため、家族のサポートも重要です。